歯の矯正 | 福岡県のインプラント、審美歯科、矯正の専門歯科医はここで決まり!

福岡県のインプラント、審美歯科、矯正の専門歯科医

 

歯列矯正と治療法

歯列矯正とは、八重歯や出っ歯、受け口などの症状を治療によって見た目だけでなく噛み合わせも改善する審美的治療です。

症例1 乱ぐい歯と八重歯

歯並びが一律ではなくバラバラになっている状態で、歯磨きがきちんとできないことからいわゆる虫歯にかかりやすく、またかみ合わせが悪いことから顎への負担だけでなく 身体全体に影響がでることもあります。

症例2 出っ歯と受け口

遺伝的な要因や幼少期の指しゃぶりなどが原因でなりますが、骨格自体の問題の場合もあり、矯正だけでなく外科手術と組み合わせることもあります。

矯正の治療法

セラミックの歯を被せたり装着する矯正では、まずはレントゲンや歯型取りをしてまずは仮歯を装着します。詳しくはセラミック治療で説明

一般的に矯正というとワイヤーを一定期間装着して歯並びを治していくものを想像すると思いますが、ワイヤーの付け方でも複数の方法があります。

まずは舌側(裏側)矯正という方法。これは歯の裏側に器具を装着し矯正します。これは慣れるまでは発音がしにくかったり食事に少し違和感がある場合もありますが、何より矯正してることが見えないので、精神的な 負担が少なく済みます。

次に歯の表面に装着する矯正です。器具が見える分精神的な負担がありますが、費用的には抑えることができます。

矯正というと子供のころに行うのと大人が行うのとでは目的の意味が変わるため、どの治療法がいいのかは専門医にご相談ください。